ヒーリングのエネルギーの感じ方がわからない方への処方箋

心の声が聞こえない、直感や体感がわからない、ビジョンが見えないとおっしゃる方が時々いらっしゃいます。

本当に受け取れてなかったりわからなかったりということも場合によっては実際にあります。
ハートやクラウンチャクラなど感じる能力が閉じてしまっている時などですね。

でも実は、気づいているのにわざと無視してしまっていることがたびたびある…というよりその可能性が高いのです。

心の声とか直感、体感、ビジョン、サインなどと言うと、

誰かの声が耳元で聞こえる
心から言葉が湧き上がってくる
体が熱くなる
映画を見てるみたいにありありと映像が浮かぶ…

そんなふうに

きっとこう聞こえてくる・見える・感じるもの
こうじゃないと違う

というように、想像で決めつけてしまっていたり。

そうなってしまっていると、たとえば

言葉が思い浮かんだけど、声が聞こえたわけじゃないから違うな
指先がピリピリしたけど関係なさそうだな
イメージが浮かんだけど、多分ただの自分の想像だな
眠くなってきたけど、単に目を閉じて静かにしてたからだな

そういうふうにしてせっかく受け取ったサインを思考で打ち消してしまうことになります。

体感、直感、感じ方に得意不得意があったり、こういうふうに感じる人が多いというような傾向はあっても、正解不正解はありません。

みんなで同じドラマを観ても、どの人物に注目するのか、表情なのか動作なのか背景なのか、流れている音楽を意識するのかしないのか、どんな感想を抱くのか、などなど、人によって意識が向くところは違いますね。

同じエネルギーでも、感じ方は人それぞれ。
直感などの受け取り方も人それぞれ違います。

大切なのはあなたがどう感じたか。

頭(思考)ではなくハート(感覚)で捉えることを意識してみてくださいね。

***

体感を得ること自体はエネルギーワークの目的ではありません。
体感から気づきを得ること、前後のお気持ちの変化の方を大切にしてくださいね。

*こんな記事も書きました。

ご自分と向き合って、観察して、対話することが、些細な変化をキャッチしてエネルギーワークの効果をしっかり実感する鍵です。

関連記事

  1. 10月限定 最高の幸運と豊かさを受け取るワークの裏テーマ

  2. 忙しくてケアが出来ない!そんな時ほどやるべきこと

  3. 同じであることに依存するか、自分を大切にして自立するか

アーカイブ