幸せのかたちは流行の服と同じ

あなたの考える「幸せ」とは、どんなことですか?

たとえば

結婚すること
お金持ちになること
社会的に成功すること

そんなことがすぐに思いつくでしょうか。

でもそれって、“本当に”あなたが心から求めていることでしょうか?

結婚くらいみんなしてるし…
体面が気になるし…
お金があればなんでも出来るし…

そういう理由で「幸せ」を考えているとしたら、ストップです!

結婚してる人って、みんながみんな幸せですか?
独身の人ってみんな不幸ですか?
幸せそうな人はみんなお金持ちですか?
お金持ちで苦労している人は存在しませんか?
社会的に高い地位にいる人は世の人々に愛されている人しかいないでしょうか?

立ち止まって考えてみると、一概にそうとは言えないことがわかります。

もし、結婚=幸せなら、なぜ不仲や不倫や離婚といったトラブルで苦しむ人がいるのでしょう?

もし、お金持ち=幸せなら、なぜ普通の家庭で幸せそうな人がいるのでしょう?
なぜお金持ちなのにトラブルまみれの人がいるのでしょう?

もし、地位や名誉=幸せなら、なぜ経営者や有名人のような方でも自殺される方がいらっしゃるのでしょう?

***

「幸せ」というものは、

みんなが持っているから
みんなが憧れているから
自分も持てば幸せになれる

というものではありません。

「幸せ」は流行の服と同じなのです。

たとえばここ数年、ガウチョパンツやスカンツ、ワイドパンツなどのゆったりシルエットのパンツが流行っていますね。

それ、私はびっくりするくらい似合わないんです…。
コーデが下手とかでは(多分)なくて、マネキンコーデ丸パクリでも私が着るとめちゃめちゃ変なのです。

モデルさんでも、ガーリーコーデが似合う方もいれば辛口マニッシュコーデが得意な方もいます。
どんなに流行っていても似合わない人は似合わないのです。
でも、似合うものはバシッと似合う。

そこそこの暮らしで幸せな人もいればバリバリお金を稼ぐことが幸せな人もいます。
そこそこのゆったりした暮らしで満足な人が高給でも激務をしていたらつらいでしょう。
どんどんお金を稼ぎたい人が薄給の閑職の日々では不満でしょう。

あなたにはあなたに似合う服があるのです。
服は自由に買ったり捨てたり出来ます。
似合わない服を無理に着続けることはありません。

「幸せ」も同じです。
あなたに合った「幸せ」を求めればいいのです。

みんなが持っていたとしても、あなたに合わないものは「幸せ」ではありません。
ぜひ、“流行”に振り回されず自分なりの「幸せ」を目指してみてください。

☆自分の「本当の幸せ」がわからない方は幸せ探しのお手伝いをします。

関連記事

  1. あなたを幸せにするのは誰?

  2. 2018年秋分・牡羊座満月 自分の意識が中心になる世界への切…

  3. 幸せになることは社会貢献!

アーカイブ