ひとつの問題に囚われて進めない方へ

ひとつの問題、悩みにずっと囚われ続けている状態というのは、過去に意識を集中させ過ぎの状態です。

ある問題に対して、「なんで?」「どうしてこうなったの?」と原因を探すことももちろん大切ですし、必要なことではあります。

でも、その原因探しにばかり一生懸命になって、挙句「あんなことしたからだ」「あんなこと言ったからだ」などと過去の自分を責め続けていても、問題の解決にはまったく至りません。

原因が一度わかったのなら、今なにをすればいい?どうすれば解決する?という解決策(未来)にまで意識を向けて、そこで始めて囚われから抜け出せます。

原因を見つけて、反省して、解決まで行ったなら、もうそれは“終わったこと”。
いつまでもこだわるのはやめましょう。

単なる過去への執着であり、「いらないもの」にほかなりません。
ちゃんと学びを得たのだから、そこから得るものはもうなにもないですよ。

関連記事

  1. 笑顔で簡単に運気UP♪

  2. 幸せになることは社会貢献!

  3. たくさんヒーリングを受けても効果を感じない人のたったひとつの…

アーカイブ