苦しさや自分を責める気持ちの原因とは?

私たちはなぜ苦しくなったり自分を責めてしまうのでしょうか。
それはとっても簡単なことで“正しさ”を求めてしまうからです。

“正しさ”とは、すごく曖昧ながら強い力を持っていて、時に自分の願いと矛盾します。

たとえば

高校や大学に通い続けることがどうしてももう無理だけど、中退するなんて正しい道じゃない。
どうしてもパートナーのいる人を愛してしまうけど、倫理的には正しくない。
家事は苦手だし嫌いだけど、母であり妻である以上は完璧にこなすのが正しいあり方。
なにか自分らしい仕事をしたいけど、なにをしたら正解なのかわからない。

などなど。

***

これは正しい、これは正しくない
これは正解、これは間違い

“正しい”と思われていることは、至るところにあふれています。
でも、その規範の中で生きようとすると、自分がなにをしたいのか、なにを求めているのか、自分はどのように生きていきたいのかが次第にわからなくなって苦しくなったり、“正しさ”に反する願いを持って“正しく”在ることが出来ない自分を責めたりします。

でも本当は“正しさ”、“真実”は自分のなかにしかないのです。

他人が決めた“正しさ”より、自分にとっての“正しさ”、“真実”を生きましょう。

***

迷うことがあったら、

わたしはどうしたいの?本当にしたいことはなに?どうなったらわたしは嬉しい?

そんなふうに自分へ問いかけて、心の声をしっかり聴くようにしてくださいね。

***

“正しく”あろうと我慢してきた方は、心の声を聴けなくなってしまっているかもしれません。
心の声を聴けるようにエネルギーワークでサポートします。
本当のあなたに戻っていくエーマ・ヒーリングカウンセリングつき個人セッションなど、いつでもご相談くださいね。

関連記事

  1. ヒーリングセッションやエネルギーワーク、どうして継続すること…

  2. なかなか自分を変えられないのはなぜかというと?

  3. 書き出すこと 記録のすすめ

アーカイブ