書き出すこと 記録のすすめ

文字にして書き出すことは、それだけでも気持ちの整理や発見になります。
頭だけでごちゃごちゃ考えて過ぎてしまう方は、ぜひ日頃から習慣づけておきましょう。

書き出す時は、とにかく思い浮かんだままに書き出すことがコツです。
ぐちゃぐちゃでも支離滅裂でもかまいません。
綺麗に書こう、順序立てて書こうとする必要は一切ありません。

ヒーリングやワークを受ける時、ワーク前後の比較をすることをおすすめしています。
“効果”があったかどうかは、受ける方がどれほどワーク前の自分の状態を把握し、それがワーク後にどうなったのかに気づけるかどうかにかかっているからです。

ただ頭で思い浮かべるだけではわからなくなるものです。
専用のノートでも、チラシの裏でも、付箋でも、何かしらに書き出すことを心がけてみましょう。

毎日毎回きっちり書く必要はありませんが、思いついた時、出来る時だけでも、日記やエネルギーワークの記録を書きためておくと、読み返すたびに自分の変化や努力に気づけます。
記録と振り返り、やってみてくださいね。

関連記事

  1. 変化を拒む無意識を味方につける方法とは?

  2. 幸せのかたちは流行の服と同じ

  3. スピリチュアルに興味のある方全員に伝えたい 覚醒に今すぐ取り…

アーカイブ