獅子座新月・日蝕 わたしを生きる

8月11日の新月日蝕から、とにかく「自分」「自分」「自分」と、本質を生きること(=覚醒)が強く促されていくということが言われています。

捉え方を誤っていると厄介な、運命という概念があります。

運命とは、誰か他人に勝手に決められているものではありません。
自分で決めて、創造するものです。
私たちひとりひとりが創造の源である宇宙であり、愛だからです。

「運命には逆らえない」「決まっていて変えることが出来ないものだ」と自分でそう思って、決めつけて、信じているからそうなっているだけのことであって、これから自分はどう生きていきたいか、何をしてどんな人とともにどんな時間を過ごしたいのか、自分にとって何が大切で何が心地よいのかという自分の価値観、喜び(=本質)を見極め、その通りに生きていくことを決めきって、ではそのために何をどうすべきか、今何をするべきかに情熱やエネルギーを注ぐ(=行動する、創造する)
そんな生き方をしていく時です。

何でも叶えることが出来ます。
それを知って、信じきれていて、自分の本質を見誤っていなければ。
運命の主導権は自分の手にあるという前提にいつも立てていれば。

どんな生き方をしたいですか?
何を大切にしたいですか?
何を求め、何を手放しますか?
今持っているものは“あなたではないもの”ではありませんか?

あらゆる手を尽くしてでも自分でないものすべてを捨て去り本当の自分だけを見つめることに取り組んでください。

ただ、今取り組もうとしなくても、いずれ向き合うことになります。
たとえあなたの顕在意識が願わなくても、あなたの本質、魂がそれを望むから。

何事も強制される前に自主的に取り組むのが得策、と私は思うけれど、夏休みの宿題と同じようなもので、今からやるか後でやるかは個人の選択の自由です。

いつかはやらなくちゃいけない。
でもいつからどんなペースでどうやってやるかは自分次第。

苦しかったら。
自分には無理だと思ったら。
どうしていいかわからなかったら。

私たちヒーラー、ライトワーカーたちがサポートします。

 

***

個人的に、天王星牡牛座入り周辺から、自分と、ひとの本質に向き合うことに興味を持ち、覚醒のテーマに取り組むことを決めてツールを少しずつ集めながら進んできたことが、今日とこれからに集約して繋がっていくように感じます。

わたしを生きる時代の、本格的な幕開け。

特別な思いのある今日の獅子座新月 日蝕です。

関連記事

  1. 引き寄せと現実化がうまくいくようになるコツ

  2. 引き寄せと現実化がうまくいく毎日が楽しくなる習慣

  3. つい躊躇ってしまうあなたへ 出来ない理由・やらない理由を探し…

アーカイブ