過去、現在、未来 時間の流れをどのように捉えていますか?

時間の流れというものをどのように考えているでしょうか。

過去から今、未来に流れて行くものでしょうか。
それとも未来から現在、そして過去へと流れるものでしょうか。

どちらもおそらく間違いではないのですが、どちらで捉えるかによって、人生は大きく変わります。

***

過去から未来へ流れると考えると、過去の経験が今を作り、それが未来へと繋がります。

たとえば過去につらい経験があって、それが「わたしは愛される価値がない」という思いを作ったとします。
今にも影響が続いていて、「わたしは愛される価値がない」と思い込んでいるから「愛される価値がない」と感じる未来をつくってしまう。

逆に未来から過去へと流れると考えると、今、そして過去の出来事は未来の自分から与えられる経験、試練と考えることが出来ます。

過去のつらい経験によって「わたしは愛される価値がない」という思いを作っていたとしても、それが未来から贈られた経験だと捉えていれば、今の時点でその経験は何のために与えられたのかを考え、それによって「愛される価値がない」という思いを克服した未来を達成することが出来ます。

***

もちろん、過去の経験が今、未来の自分をつくるというのは間違いというわけではないし、その捉え方が悪いわけでもありません。

でもどちらかというと、なりたい自分になっている未来の自分が今、過去の自分になりたい自分になるための経験をさせてくれていると考えた方が、「なんでこんなつらい思いをしなくちゃいけないんだろう…」と悩み苦しんで、長い時を経てから「あの時のつらい経験はこのためだったんだ!」と気づくよりも時間の節約でもあり、気持ち的にとても楽になります。

もし悩んでいること、迷っていること、長年引きずっているつらい思いがあれば、それは未来のあなたが現在のあなたに何を学んでほしくて贈ったものなのか考えてみましょう。

関連記事

  1. 現実を創る言霊の力

  2. 効果がなかったら次に行く?ヒーリングを受けた後に絶対やるべき…

  3. 同じであることに依存するか、自分を大切にして自立するか

アーカイブ