サンクタス*私の体験談

なぜわたしが脳への癒しを行うワーク、サンクタスの伝授を受けたかったかというと、脳へのダメージに心当たりがあったからです。

私は仮死状態で生まれたので、もしかしたらちょっとくらい影響あるのかな~と思っていました。1)障害が残ったというわけではないのですが…

そして中学生の時だけ部活で剣道をしていました。
面などつけてるとはいえ、痛みはあります。
そういうものだと慣れてはいつつ、こんなに毎日叩かれてて頭大丈夫なのか??と当時から時々思っていました。
絶対脳劣化してると思っていたので、ケアしてみたかったんです。

実際、受けてみてすぐに感じた変化は…

  • 何年も毎日何度もしていた立ちくらみがしなくなった(=脳の血流が改善された?)
  • 会話中、思考中、ブログや小説の執筆中など、どんな時でも言葉が思ったままにスッと出てくるようになった(えーっと、あの、とかそういうのもなくなった。=思考の言語化がスムーズになった)
  • 自分が考えていることが明確にわかり、考えがまとまらない、頭がごちゃごちゃする、ぼんやりしているなどと感じることがなくなった
  • 数年前から一部の音に対してやや敏感になっていたのが気にならなくなった。
    音楽を聴いている時、ハモリや小さな音もよく聴こえるようになった
  • 文章を読むスピードや会話のレスポンスが速くなった(=理解力、情報処理能力の向上)

どれも自分の感覚的なことなので説明するのは難しいですが、とにかくいろんなことがスムーズに、明確になっているのを実感しています。

ワークの体感も個人的には結構しっかりあります。
その時々によっても違いますが、たとえば頭の中や首の辺りがシュワシュワ、ジュワジュワ、ピリピリ、じんわりする感じがしたり、渦状のエネルギーがぐいぐい入ってくる感覚があったり。
あ~調整されてる~と思いながら楽しんでいます。

当初気にしていた「仮死状態で生まれたこと」「剣道の面打ち」によるダメージが関係あったかどうかは不明ですが、原因がどこにあったにせよ、効率よく頭を使えるようになった感覚がはっきりありますし、日常のこともお仕事のこともサクサクこなせるようになってすごく助かっています。

関連記事

  1. サンクタス*私の母の体験談

アーカイブ