“エーマ”の意味と日本神界との関わり*エーマ・ヒーリング

“エーマ”の意味

「エ」は「恵み」、「マ」は「真」を意味し、私たちが本当(真)に求めている豊かさ(恵)のことを言います。
真に求める豊かさとは、愛に基づく豊かさをいい、お金や物質に限りません。

愛と喜びと調和の世界であったレムリア、ムーの時代の叡智が受け継がれた縄文時代。
そこから現代へと続く日本人が持つ、精神的豊かさを象徴する言葉であるとされています。

日本神界との関わり

エーマ・ヒーリングは3柱の日本神々、スサノオノミコト・ツキヨミノミコト・アマテラスから降ろされたヒーリングエネルギーを合わせたものです。
それぞれのエネルギーの性質は下記の通りです。

スサノオノミコト・地球:グラウンディング
ツキヨミノミコト・月:感情を整理させて気づきを与える
アマテラス・太陽:人生の目的・魂の誓願を思い出させる

回数を重ねて受けることで、次第に覚醒し日本神界と繋がるようにもなります。

アーカイブ