癒されずにいる感情が及ぼす影響*女神の解放ワーク

怒り、憎しみ、恨みといったネガティブな感情をうまく解放出来ているでしょうか。
これらの感情は、なかなか手放すことが難しいものです。
思い出すのも腹立たしい不愉快な出来事のひとつやふたつ、誰にでも経験があるものです。
しかし、それはあなたにとってはもう不要な感情です。

怒りや憎しみ恨み、それらから派生するいろいろな感情はあまり感じたくないものです。
そのためどうしても無視したり抑圧したりしがちになり、しっかり向き合うということをしないので、それらの感情を癒し解放することが出来なくなってしまいます。

すると、ふとした拍子に思い出しては腹を立てたり、心にぽっかり穴が空いたような虚無感や絶望を感じたり…ということが繰り返されてしまいます。
それはその嫌だった出来事にあなたがまだ囚われているということです。
女神の解放ワークは、その嫌な思いを持ち続けてきた自分を癒し、手放すことが出来ます。

感情が体に及ぼす影響

たとえば怒りは腰痛を引き起こし、過去への悲観は肩こりの原因になったりします。
すごく悲しいことがあった時、ぶつけたり殴られたりといった物理的な攻撃を受けていないのに、胸が痛くなったことはありませんか?

心と体は密接につながっています。
感情から来る体の痛みや不調を緩和することも、女神の解放ワークで期待出来ます。

不要になった感情が解放されると、心にゆとりが出来ます。
そこに生まれたゆとりは愛や喜びを受け入れるスペースになります。
心が軽くなるだけでなく、もっと豊かになれるのです。

関連記事

  1. 【女神の5つのワーク】変化を実感しやすい効果的な受け取り方補…

  2. 「純粋に願う」ということ*女神の願いが叶うワーク

  3. 金運が簡単には上がらない理由*女神の金運ワーク

アーカイブ