【女神の5つのワーク】変化を実感しやすい効果的な受け取り方補足

女神の5つのワークは錬金術を用いたワークです。

錬金術のワークは一般的なヒーリングとは異なります。
たとえば受け取り宣言不要、すぐ変化する、好転反応などがないという手軽さの反面、受け取ったことの実感を得にくく、変容のプロセスを経ないために変化したことそのものがわかりにくい場合があります。

変化、効果を自覚するためには、錬金術ワークの場合は特に注意深くワークを受ける前と受けた後を比較することが大切です。1)もちろん前後の比較は一般のヒーリングにおいても重要です。

では、前後を比較するとは具体的にどんなことをするとよいのか、例を挙げてみたいと思います。

*実感あるなしに関わらず変化はしているので、やらなければならないという意味ではありません。
変化したことを実感して納得したいと思った時には振り返って比較していただくことをおすすめします。

まず初めに、ワーク前の状態を把握します。
ワーク開始の時間前までに少し時間をとって、なぜそのワークを受けたいと思っているのか、ワークに関連する感情や状況(どんな思いや制限を今感じているか)などを書き出しておきます。

☆願いが叶うワークの場合
「願いが叶うこと」「願う」ということ自体に対する自分の思いを書き出してみます。
たとえば…

・願いはなかなか叶わないもの
・叶えるには努力が必要
・大きな願いは願っても無駄
・こんなことを願っていいんだろうか
・本当に叶ったらどうしよう
・なんでも願っていいと言われると怖くなる、混乱する
・願いと言われても思いつかない、少ししか思いつけない、小さなものしか望めない

☆金運ワークの場合
「お金」そのものや「使い方・稼ぎ方」に対する思いを書き出してみます。
たとえば…

・お金は汚い、怖い
・お金はすぐなくなる、減る
・お金はトラブルの元
・お金の話は卑しい
・たくさんないと不安
・お金をあまり使いたくない
・いつも少ししかもらえない、足りない
・磨り減るほど働かないとたくさんもらえない
・楽してお金を稼ぐなんて許せない、考えられない

☆解放ワークの場合
ずっと心に持ち続けている怒り、悲しみ、恨み、憎しみ、絶望、虚無感など、“もう感じたくないと思っているのに手放すことが出来ずにいる感情”を書き出してみます。

*解放ワークは他のものよりも比較的変化がわかりやすいことが多いです。
あまりにも思い出すのがつらいことなどは無理に書き出さず、ワークを受けた後にいつの間にかすっきりしていたり、嫌な思いが軽減しているというようなことを感じていただくだけでもよいと思います。

☆幸運ワーク・ゴージャスアップワークの場合
受けた後に気づきが起きていくようなタイプなので、書き出す必要はあまりないかもしれません。
なにか今の状況について思うことがあれば書き出してみましょう。

それぞれについて、上記に挙げた内容に留まらず、感じるままに書き出してみてください。

そしてワークが終わったら、書き出したものを読み返してみてどんな気持ちになるか感じてみてください。
ワーク前と同じように、「願いが叶うこと」「願うこと」「お金」と「使うこと・稼ぐこと」「手放せずにいる感情」「幸運」「存在感」について、改めて感じることを書き出してみてもよいでしょう。

特に幸運ワークやゴージャスアップワークなどは日常生活のなかで変化を感じる場合が多いです。
3日~1週間くらいは自分と身の回りのことについて細かく注意を向けてみてください。
なんとなく変わったかも、の印象を信頼してくださいね。
ご自身では気づかなくても、周囲が気づいて指摘することもあります。

このようにして前後を比較すると、変化したことを実感していただきやすくなります。

初めのうちは顕在意識で捉えられるレベルの変化ではないことも多く、変わらない、よくわからないと感じてしまう場合もないわけではありません。
それはまだまだ無意識レベルで変えていけなければならない部分をたくさん抱えているサイン。
諦めずに何度か繰り返し受けていくうちに、ガラッと変わったことがわかるようになります。

関連記事

  1. 【女神の5つのワーク】女神のゴージャスアップワーク補足

  2. 【女神の5つのワーク】女神の願いが叶うワーク補足

  3. 【女神の5つのワーク】女神の解放ワーク補足

アーカイブ