魔法の言葉:「報われない」と思う時

こんなに頑張ったのに
あんなに心を尽くしたのに

報われない
報われなかった

そう感じる時ってやっぱりあります。

時間やお金がかかったり、工夫を凝らしたりして苦労した分、絶対いける!これだ!とかって強い自信があった分だけ、思うような結果につながらないと、無駄だったのかな、意味なかったなってがっかりしてしまう。

悪い時は、私ってダメなんじゃないか、必要とされてないじゃないか…とかって自己否定にまで陥ったり。

そんな時いつも思い出すのは、通っていた予備校の大好きだった某名物国語教師の方の「正しい努力は裏切らない」という言葉。

ただの努力じゃなくて、“正しい”努力。

先生はその意味について全く解説しませんでしたが、たとえば漢字が苦手だからと漢字辞典一冊全部読んだとしたら、それは偉いしすごいけど、本当に欲しい結果(合格)に直結するか、近道になるかと言ったら全然違うわけです。

努力には方向性がある。
当たり前のようでいてすごくハッとさせられた言葉で、とても印象に残っています。

そもそも、努力するということはがむしゃらに、やたらめったらひたすらに打ち込めばいいということでもないし。

時間やお金をかけた、工夫した、心を尽くした、頑張った。
そう自分では思っているけど、それは正しい努力だったのか?

結果につながらなかったのは「正しい努力ではなかったから」もしくは「単にご縁がなかったから」に過ぎません。

そう考えることで次はどうしたらいいか、何をするべきだったのかと建設的に考えていけるし、すぐに気持ちを切り替えていけます。

「正しい努力は裏切らない」

私にとっての魔法の言葉です。

関連セッション

【本質を見て必要なことが出来るようになるワーク】

関連記事

  1. 検証:「ない」じゃなくて「ある」は本当か

  2. 誰かとの時間も悪くない

  3. 【ご報告】自分に優しく、前に進む一斉ヒーリングありがとうござ…

アーカイブ